私のブログは、多分Evernoteの存在なしにはあり得なかったのではないか。そのくらい重要なアプリとなっている。「はてなブログ」でも、記事を書く編集時に出るツールバーにゾウさんのEvernote貼付けマークがあるのがそれだ。それをクリックして指定するノートを選択すると、そのEvernoteのノートをタイトル共々、画像も貼付けてあけば、それも一緒に連動して、ブログの編集エリアにコピーしてくれてくれるので、とても便利だ。
エントリーの文章が完成したら、そのWebイメージ全体を再度コピーした後に、Evernoteにペーストして戻す。これで一日のブログ書き作業は完了だ。
そのEvernoteを今月に「プレミアム」に年額4000円でアップグレードした。ただ、iOSでオフラインで見られる程度くらいで、あまり変化は感じない。しかし、すでに十分に使わせてもらっているのでお礼のようなもの、でも私は来年は多分継続しない(笑)。4000円は一見安い価格に見えるが、年額費用であるから何年も使うと、オフィスソフト並になる。と、このような人が数パーセントでもいれば、利用者全体のパイが大きいので無視できない。だから大多数の残りの人に無料を可能にできるという、ネットの無料モデルの一つの典型なのである。
そのEvernoteアプリは、Windows8 RTでは動かず「Evernote タッチ」を導入する必要がある。固定のフルスクリーンでのアプリになる。これはマルチ・ウィンドウに慣れた私のような人にとっては、切り貼り操作は疲れる。その他も、随所で使い勝手に問題がある。やはりMacBookAirでのキーボードとマウスのあるEvernoteアプリが最高だなと思う。
 
ASUS RT のスタート画面 使用しているアプリ

f:id:Miketoy:20130822192003j:image

Evernote Toutch タッチ操作は良いが起動も反応も遅く、苛つく。あまり使いたくない。f:id:Miketoy:20130822192009p:image